2009年09月06日

アジア・ツアー:名古屋スケッチ(2009年6月号)

igawa090601.jpg
名古屋とその周辺<注1>


新大阪から新幹線で東京へ行く時はいつも、京都を過ぎて、たぶん岐阜羽島<注2>あたりで眠ってしまい、気がついたら新横浜。その間の記憶がない。「のぞみ」の停まる駅がないか、停まらない駅が多い静岡県はともかく、東京・大阪間の要、名古屋は、東海道新幹線のどれに乗っても必ず停車しているはずなのだが、その駅の記憶がないのは、こっちの気の持ち様か。あるいは、2時間半の列車旅では、最初の1時間で、眠りに落ちるのが、疲れた現代人の習い性?
とにかく、列車で何回も通過しているはずなのに、名古屋には、馴染みがない。名古屋出身の知り合いもいないのである。
続きを読む
posted by e-dream-s at 09:31| Comment(0) | e-dream-s come true(井川 好二)

2009年08月24日

待った甲斐(2009年7月号)

妻の弟、つまり私の義理の弟であるT君の結婚式と披露宴が先日行われた。今年見合いをしてお互いを気に入り、その後話はトントン拍子で進んだらしい。ともに初婚である。T君はこれまでの何回も見合いをしていたのは知っているのだが、ご縁がなかった。「もう歳も歳だしずっと独身だろうな。このごろはそういう人も多いし」などと内心思っていたので、まさかの結婚である。人生はどんな出会いがあるか分からない。

ご来席をお願いしますという招待状をもらって家族総出で出席したわけだが、さすがにただ知人の結婚披露宴に出席する時と身内では忙しさが違う。髪や着付けのこともあるので、式が始まる何時間も前から集合しなければならないし、娘二人は受付、息子は折悪しく足首を骨折して入院していた義理の母の送り迎えを頼まれている。私の役目は写真撮影と乾杯のスピーチだ。

続きを読む
posted by e-dream-s at 23:41| Comment(0) | 辻 荘一

2009年08月22日

大学のお仕事(2009年7月号)

私鉄の駅舎を出て歩きだすと、ザアッと降り出すいきなりの雨。夕方のアスファルト道をビシャビシャ叩く。昼間の熱気や砂埃を、一気に洗い流す勢いは良いのだが、傘を持たない横着者は、このスコール<注1>もどきにやや閉口。まあ、しかたないかと、鞄を頭に、ヒョイヒョイと水たまりを避けつつ、もう近い馴染みの割烹へ急ぐ。

海老茶の暖簾を潜って、引き戸を開ければ、着物姿の女将が、続きを読む
posted by e-dream-s at 22:54| Comment(1) | e-dream-s come true(井川 好二)