2009年09月23日

プノンペン最終日、おまけの旅を終えて(2009年3月号)

人は、何を生き甲斐とか働き甲斐とか、幸せと思うのだろう。

英語を使う仕事から離れて、年明けから新しい職場で働き始めた。大好きな英語を仕事の道具にすることに限界を感じて決めたこと。しかし、自分の心の中は、英語力の衰えvs 英語ストレス・プレッシャーからの放免。来年、5年後…、自分はどうしたいのかな。そんなモンモンとした気持ちの中で今年はプノンペンへと旅立った。

2月23日(月)、プノンペンを発つ最終日。朝食後、ホテルからトゥクトゥクに乗って5分程のオールドマーケットに行った。生鮮食料品を多く扱うマーケットで、カメラを手に歩く観光客は、私達ぐらいだった。さばかれた鶏や豚が部位ごとに生々しく釣り下げられ、頭と身が切られても川魚はまだピクピク動いている。野菜や肉魚を切る刃物は、もう何年と同じ物を使っているのだろう。魚は昔のブリキ製の衣装ケースのような物に入れられて運ばれる。中古品のような雑貨や素材の劣る衣類も所狭しに店に並ぶ。続きを読む
posted by e-dream-s at 00:07| Comment(0) | 田中 恭子