2009年09月18日

小心者の真臘体験記:〜二度目のCamTESOLツアーを終えて〜(2009年3月号)

senzaki090301.jpg
(カンボジア料理店Malisにて。摂南大学の植松茂男氏と)


2009年2月22日 バンコク 22:00(現地時間<注1>)。
 バンコク、スワンナプーム国際空港<注2>を小走りに駆けながら、ここはe-dream-s(それとも私だけ?)にとって鬼門の地になってしまったことを確信した。

 前年は、プノンペンへの乗り継ぎの際、Brianとはぐれ、彼が「end of the world」まで連れて行かれた場所。それに、シェムリアップからの帰路の便が遅れ、乗り継ぎのためメンバー5人と係員とでダッシュした思い出の地。

 昨年11月、反政府勢力がこの空港を封鎖した<注3>影響で、昨年利用していた大阪を夜出発する便がなくなり、我々の利用便も個別の事情でバラバラになってしまった。担任するクラスの事情が悪化の一途をたどっていたため、できるだけ早めに帰国する都合上、行きと帰りの便の経由地、会社を変えざるを得なくなった。正直、この便がなくなったのは私の経済には大きなダメージとなった<注4>。
 そして、今回の帰路。今回もプノンペンからバンコクに向かう便が50分遅れた。トランジット時間は2時間。イライラ、ヒヤヒヤしながら、しかも今回は一人きりなんで不安もさらに大きい。幸い、前の方の席であったのでダッシュで外に向かう。昨年も反対側にしばらく行った後引き返すことになったが、今回も数十m走ってから逆であることに気がついた(この空港、到着ゲートから出てきた分岐点には何の表示もない)。今回もまた同じやな、と舌打ちをしながらも、無事チェックインカウンタを見つけ、手続きを済ませた。22:20までに搭乗ゲートに行くよう書かれていたが、着いたのは22:15。今年も心臓に悪い道中となった。

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:30| Comment(0) | 仙崎 裕右

2009年09月08日

トロバエク・プレイ、サク?(2009年1月)

senzaki090101.jpg
(トロバエク・プレイ の花。日本の桜に似ている 2008年2月撮影)


 CamTESOL2009まで2か月を切った。今年も参加させていただくことになり、勤務先への根回しやビザ取得など、少しずつ準備を始めているところである。肝腎の発表の準備の方はまだほとんど手が付いていないのが現状ではあるが・・・。

 今回のアクロスの冬合宿で、カンボジアから素敵なゲスト、Sokhom Leangさんが参加してくれた。他の先生方の原稿でも何度も取り上げられているので、彼女の紹介の必要はなかろうが、昨年のCamTESOL2008ツアーで、現地で最初に声をかけた人物であることは特に記しておきたい。プノンペンに到着し、バンで市内へ。すでにCamTESOL主催のSite Visitは始まっている。私たちは3つにグループを分けた。高等教育のサイトビジットに途中から合流する組、初等教育のサイトビジットに途中で合流する組、そして、いったんホテルにチェックインし、その後、サイトビジットに参加する組である。塚本先生と私は最後の組に入り、ヒマワリホテルに入った。荷物を置き、語学学校、ACEへ。まだ中川先生、道面先生が参加されている初等教育のグループは到着していない。待ち時間の間、塚本先生はそこにいた先生にProfessional Development Needsについてインタビューを始めた。その記念すべき第一号の方がソコムだったのだ。

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:20| Comment(0) | 仙崎 裕右