2009年09月29日

ハーシーとゴディバ(2009年4月号)

今はもうしていないが、かつて父はテニスをしていた。子供の頃、いつもは「オジサン」だと思っていた父が、半ズボンでテニスをしている姿を見ると、ちょっとかっこよく見えたものだ。父の通っていた大学、私も同じ大学に通ったのだが、その大学の隣には戦後しばらく米軍キャンプがあった。貧しい敗戦国の、しかも地方の小さな大学にはテニスコートなどなかった。そんなある日、父たちテニス部の学生は米軍キャンプの中に、緑の芝生の立派なテニスコートがあることを知り、英文学の先生の研究室に行って、米軍にそのコートを使わせてもらえるよう頼む手紙を書いてもらった。「その時、大学の先生っちゃあ、すごいなあっち思った。お父さんが日本語で言うのをその場でカチャカチャ、タイプで打ってくれたんよ。」と、これまで何度も同じ話を聞いたことがある。その手紙のお陰で、父たちは時々米軍キャンプの中に入ってテニスをすることを許された。その中で、見たもの、経験したことは、びっくりすることばかりだったと言う。トイレに入ったら、紐がぶら下がっていたので、恐る恐る引っ張ったら、水が流れ出して、トイレを壊してしまったのかと、しばらくその場を動けなかったらしい。売店には見たことのない物がたくさん売っていて、コーラやハーシーのチョコレートを時々買って食べるのが楽しみだったという。70歳を超えた今でも、父はコーラやハーシーのチョコレートが大好きだ。私がベルギーで買ってきたゴディバのチョコレートよりも、あの少しざらざらしたハーシーのチョコレートのほうがおいしいと言う。私もハーシーのチョコレートは好きだが、ゴディバよりもおいしいと言う父には到底同意できない。

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:18| Comment(0) | 塚本 美紀

2009年09月17日

英語によって開かれる扉:深夜のホーチミン空港で思ったこと(2009年3月号)

tsukamoto090301.jpg
(プノンペン郊外にある遺跡 ワット・タ・プロームで遊ぶ子供たち)


CamTESOLカンファレンスツアーの帰り、関空行きの便に乗る人たちと別れ、福岡行きの便への搭乗をホーチミン空港で一人待っていた。プノンペンからホーチミン、そして福岡へと帰る。深夜の人の少ない空港に一人でいると、寂しさと同時に、不思議な満足感というか充足感が湧き上がってきた。こんなに遠くまで、よくやって来たなあ、という思い。この場合の「遠く」は物理的な遠さというより、心理的な遠さである。

私は英語を話すのが大の苦手だった。英語が好きだから外国語学部に入ったはずなのに、英語を話すことに自信がなく、帰国子女や外資系企業への就職を目指す英語の上手な学生の影に隠れて、何とか大学生活をやり過ごした。教員になってからも、ALTと話すのはちょっと苦痛で、研修会ともなれば、留学経験のある同僚の影に隠れて、英語を話す番が回ってこないことを密かに願っていた。そんなことではいけないと、アクロスに入り、いろんな経験の場をいただいた。e-dream-sでは、更なる活動の場が次々と生まれてきた。英語を話すのが苦手だなんて言っている場合ではなくなった。そして今、英語を使って旅の準備をし、英語で現地の人々と交流をし、こうして一人で帰りの飛行機を待っている自分がいる。

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:34| Comment(0) | 塚本 美紀

2009年09月11日

たまには靴を履き替えて:二度目のCamTESOLカンファレンスツアー(2009年2月号)

去年の夏、表参道で元パリコレモデルに「美しい歩き方」を習った。「歩く場面を想定して、靴を履いてきてください。」と言うので、私はその秋の新作の、限りなく肌色に近いベージュのエナメルのハイヒールを履いて出かけた。デザイン性を重視したその靴は、足の指の付け根が少し見えるくらい浅く、そしてヒールは8センチ以上はある。そのため羽田空港を出る前から、足が痛くなってしまった。重い荷物を抱え、ふらふらした足取りで地下鉄の駅を目指して歩いていると、「こんな靴を履いていたのでは、私の行ける範囲は限られてしまう。行きたい場所にぐんぐん進んでいくことができない!」という考えが頭に浮かび、急に悲しくなってしまった。私が歩いていく道のりと、私の人生の道のりは、必ずしも同じものではないけれど、ハイヒールを履くことで、自分の人生が制限されてしまうような気持ちになってしまった。

教室では、元パリコレモデルが高くて細いヒールの黒い靴を履いて、美しい歩き方を見せてくれた。彼女の筋張った美しい足をさらに美しく見せるような、スクエアにカットされた華奢な靴。「そんな靴、ずっと履いてて平気ですか。」思わず私が尋ねると、「あら、ずっとなんて履かないわ。勝負靴は、会場に着く直前に履き替えるのよ。」と彼女は美しい微笑をゆっくり広げながら言った。


続きを読む
posted by e-dream-s at 22:10| Comment(2) | 塚本 美紀

2009年09月06日

新しい私へ:CamTESOLカンファレンス・ツアー進捗状況報告(2009年1月)

一昨年から小笠原礼法の教室に通っている。立ち居振る舞いや日本の伝統的な行事や日常生活での作法を習う教室だ。きっかけは、行儀作法が習いたかったというよりも、着物を着る機会を増やして、着物を着ることに慣れたかったからだ。慣れないことをしようとすることは億劫だ。事前にいろいろな道具を揃えることを考えると、着物を着るのを躊躇してしまう。その上、「この紐はどうするんだっけ?」「あ、何か変。もう一回やり直し!」などとやっていると、やっと着終えた頃にはもうすっかり疲れ果ててしまう。そんな状況から抜け出すために、月に2回のお稽古に通うようにし、何とか以前の半分の時間で着物が着られるようになった。毎度のことなので、準備をするのも何のことはない。小さな変化ではあるが、着物を着るとなると前日からあたふたしていた以前の私とは違う私になった。続きを読む
posted by e-dream-s at 21:35| Comment(0) | 塚本 美紀