2009年09月29日

ハーシーとゴディバ(2009年4月号)

今はもうしていないが、かつて父はテニスをしていた。子供の頃、いつもは「オジサン」だと思っていた父が、半ズボンでテニスをしている姿を見ると、ちょっとかっこよく見えたものだ。父の通っていた大学、私も同じ大学に通ったのだが、その大学の隣には戦後しばらく米軍キャンプがあった。貧しい敗戦国の、しかも地方の小さな大学にはテニスコートなどなかった。そんなある日、父たちテニス部の学生は米軍キャンプの中に、緑の芝生の立派なテニスコートがあることを知り、英文学の先生の研究室に行って、米軍にそのコートを使わせてもらえるよう頼む手紙を書いてもらった。「その時、大学の先生っちゃあ、すごいなあっち思った。お父さんが日本語で言うのをその場でカチャカチャ、タイプで打ってくれたんよ。」と、これまで何度も同じ話を聞いたことがある。その手紙のお陰で、父たちは時々米軍キャンプの中に入ってテニスをすることを許された。その中で、見たもの、経験したことは、びっくりすることばかりだったと言う。トイレに入ったら、紐がぶら下がっていたので、恐る恐る引っ張ったら、水が流れ出して、トイレを壊してしまったのかと、しばらくその場を動けなかったらしい。売店には見たことのない物がたくさん売っていて、コーラやハーシーのチョコレートを時々買って食べるのが楽しみだったという。70歳を超えた今でも、父はコーラやハーシーのチョコレートが大好きだ。私がベルギーで買ってきたゴディバのチョコレートよりも、あの少しざらざらしたハーシーのチョコレートのほうがおいしいと言う。私もハーシーのチョコレートは好きだが、ゴディバよりもおいしいと言う父には到底同意できない。

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:18| Comment(0) | 塚本 美紀

2009年09月27日

締め切りのある人生(2009年4月号)

3月から4月にかけては人事異動の季節である。同僚が去り、新しい同僚がやってくる。同僚が去るのは転勤が一番多いが、最近は定年退職が増えた。

定年退職すると新年度の離任式や歓送迎会で挨拶をすることになる。挨拶は一様に感謝の気持ちを述べるが、他は様々である。定年後の生活の楽しさを語る人、寂しさを語る人、何を言いたいのかよく分からない人。もちろんそんな式や会には一切来ない人もいる。
私は今まで離任式には行ったことがない。去る者に何が言えるのかという気持ちがある。もちろん感謝の気持ちなら述べてもいいけれど、新年度になってしまえば、気持ちはすでに新しい職場にあるのである。
続きを読む
posted by e-dream-s at 00:00| Comment(0) | 辻 荘一

2009年09月26日

アラフィーの4月(2009年4月号)

実は、3月末から4月初め、所謂春休みの期間は、私にとって1年の中でもちょっと憂鬱な時期なのである。学校でも会社でも、卒業や転勤、異動があり、否応なしに別れがやってくる。せっかく、慣れて、仲良くなった人たちとの別れは寂しい。それまで作ってきた自分にとっての快適な環境から抜け出るのはなかなか勇気が要る。勿論、悲しいばかりではなく新しい出会いもあるわけで、それはそれで楽しみではあるのだが、人見知りで人間関係を作るのに時間が掛かる私は、年度当初のこの時期に特に苦手意識がある。

まあそんな個人的なことはどうでもよくて、例に漏れず、私の職場でも退職、異動があって、スタッフの平均年齢がまた一段と若くなった。ほんの数年くらいまで職場では若い層だったのに、一気に年長の層に突入して、職場での位置や役割が一気に変わってきている。これまで助けてもらうことが多かったのが、気が付くと助ける側に立たされていることにとまどうことも多い。自分の仕事さえきちんとしていればいいというだけではなく、周りを見て自分の行動、立ち位置を考えることも多くなっている。自分がどう動くのが皆のために一番よいのかを考えるようにしよう!と心がけてはいるのだが、何だか落ち着かない。アラフィーのこの年になって、やっとそんなことに気づくなんて、皆さんに比べたら随分遅いのかな、とも思うけれど…ね。
続きを読む
posted by e-dream-s at 22:40| Comment(0) | 中川 房代

2009年09月23日

プノンペン最終日、おまけの旅を終えて(2009年3月号)

人は、何を生き甲斐とか働き甲斐とか、幸せと思うのだろう。

英語を使う仕事から離れて、年明けから新しい職場で働き始めた。大好きな英語を仕事の道具にすることに限界を感じて決めたこと。しかし、自分の心の中は、英語力の衰えvs 英語ストレス・プレッシャーからの放免。来年、5年後…、自分はどうしたいのかな。そんなモンモンとした気持ちの中で今年はプノンペンへと旅立った。

2月23日(月)、プノンペンを発つ最終日。朝食後、ホテルからトゥクトゥクに乗って5分程のオールドマーケットに行った。生鮮食料品を多く扱うマーケットで、カメラを手に歩く観光客は、私達ぐらいだった。さばかれた鶏や豚が部位ごとに生々しく釣り下げられ、頭と身が切られても川魚はまだピクピク動いている。野菜や肉魚を切る刃物は、もう何年と同じ物を使っているのだろう。魚は昔のブリキ製の衣装ケースのような物に入れられて運ばれる。中古品のような雑貨や素材の劣る衣類も所狭しに店に並ぶ。続きを読む
posted by e-dream-s at 00:07| Comment(0) | 田中 恭子

2009年09月22日

My impressions of Cambodia, Feb. 2009(2009年3月号)

After visiting Phnom Penh just last year, I didn’t expect things to have changed much. But traveling from the airport into the city I noticed lots of new, fancy buildings in the process of construction or newly built. It seems progress is being made and the country is developing, but the rest of my visit reminded me how far things still have to go. Meeting with the organizers of the Youth Star volunteer program, and hearing about conditions in the countryside, reminded me that judging a developing country by its cities is a dangerous thing to do. Our meeting with the director of ACE also reminded me that the progress I had noticed was very new and very fragile growth. It’s still too early to tell what effects the downturn in the world economy will have on Cambodia, but it definitely will have an impact.

My other strong impression was a renewed and deepened sense of how warm, friendly, and sincere the people in Cambodia are. Meeting Sokhom again and getting to know her family was a wonderful opportunity for us. Even the taxi and tuk-tuk drivers we encountered seemed honest and no one tried to take advantage of us. The last several times I visited neighboring Thailand I have had awful experiences with taxis so I was very impressed this hasn’t become the case in Cambodia. I hope the country can develop without loosing the charm that distinguishes it from neighboring countries.
posted by e-dream-s at 23:17| Comment(0) | Brian Nuspliger

2009年09月21日

老眼鏡(2009年3月号)

人間誰でも年を取れば、年相応に老ける。私ももう53歳、まもなく54だ。自分も老けていく。そんなことはもちろん分かっているし、年を取って行く自分の姿を毎日鏡で見てもいるはずなのだが、自分の老けを本当に実感しているかというと、そうでもない。

20代前半の頃、子供に「おじさん」と呼びかけられた事がある。自分では「お兄さん」だと思っていたのに、その子にとっては、そしておそらく多くの小さい子供たちにとって、自分が「おじさん」だったことを知り、少なからずショックを受けた。今だに覚えているのは、そのショックが結構大きかったということだろう。
続きを読む
posted by e-dream-s at 00:08| Comment(0) | 辻 荘一

2009年09月20日

CamTESOLツアーを終えて(2009年3月号)

2月下旬、昨年秋から準備を重ねてきた「CamTESOL2009・カンボジアツアー」を無事に終えました。カンボジアに行かれた皆さん、CamTESOLでの発表、年度末の多忙なスケジュールを縫って参加、お疲れさまでした。また、残念ながら今回カンボジアを訪れることのできなかった皆さん、日本やアメリカなどから、ブログを通じての応援、ありがとうございました。

皆さんのおかげで、CamTESOLでの3本の発表の成功、ソコム先生との再会、英語を教えるボランティアグループの学生とのミーティングなど、e-dream-sの「カンボジア・プロジェクト」に向けて大きな前進がありました。

続きを読む
posted by e-dream-s at 21:50| Comment(0) | 中川 房代

2009年09月18日

小心者の真臘体験記:〜二度目のCamTESOLツアーを終えて〜(2009年3月号)

senzaki090301.jpg
(カンボジア料理店Malisにて。摂南大学の植松茂男氏と)


2009年2月22日 バンコク 22:00(現地時間<注1>)。
 バンコク、スワンナプーム国際空港<注2>を小走りに駆けながら、ここはe-dream-s(それとも私だけ?)にとって鬼門の地になってしまったことを確信した。

 前年は、プノンペンへの乗り継ぎの際、Brianとはぐれ、彼が「end of the world」まで連れて行かれた場所。それに、シェムリアップからの帰路の便が遅れ、乗り継ぎのためメンバー5人と係員とでダッシュした思い出の地。

 昨年11月、反政府勢力がこの空港を封鎖した<注3>影響で、昨年利用していた大阪を夜出発する便がなくなり、我々の利用便も個別の事情でバラバラになってしまった。担任するクラスの事情が悪化の一途をたどっていたため、できるだけ早めに帰国する都合上、行きと帰りの便の経由地、会社を変えざるを得なくなった。正直、この便がなくなったのは私の経済には大きなダメージとなった<注4>。
 そして、今回の帰路。今回もプノンペンからバンコクに向かう便が50分遅れた。トランジット時間は2時間。イライラ、ヒヤヒヤしながら、しかも今回は一人きりなんで不安もさらに大きい。幸い、前の方の席であったのでダッシュで外に向かう。昨年も反対側にしばらく行った後引き返すことになったが、今回も数十m走ってから逆であることに気がついた(この空港、到着ゲートから出てきた分岐点には何の表示もない)。今回もまた同じやな、と舌打ちをしながらも、無事チェックインカウンタを見つけ、手続きを済ませた。22:20までに搭乗ゲートに行くよう書かれていたが、着いたのは22:15。今年も心臓に悪い道中となった。

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:30| Comment(0) | 仙崎 裕右

2009年09月17日

英語によって開かれる扉:深夜のホーチミン空港で思ったこと(2009年3月号)

tsukamoto090301.jpg
(プノンペン郊外にある遺跡 ワット・タ・プロームで遊ぶ子供たち)


CamTESOLカンファレンスツアーの帰り、関空行きの便に乗る人たちと別れ、福岡行きの便への搭乗をホーチミン空港で一人待っていた。プノンペンからホーチミン、そして福岡へと帰る。深夜の人の少ない空港に一人でいると、寂しさと同時に、不思議な満足感というか充足感が湧き上がってきた。こんなに遠くまで、よくやって来たなあ、という思い。この場合の「遠く」は物理的な遠さというより、心理的な遠さである。

私は英語を話すのが大の苦手だった。英語が好きだから外国語学部に入ったはずなのに、英語を話すことに自信がなく、帰国子女や外資系企業への就職を目指す英語の上手な学生の影に隠れて、何とか大学生活をやり過ごした。教員になってからも、ALTと話すのはちょっと苦痛で、研修会ともなれば、留学経験のある同僚の影に隠れて、英語を話す番が回ってこないことを密かに願っていた。そんなことではいけないと、アクロスに入り、いろんな経験の場をいただいた。e-dream-sでは、更なる活動の場が次々と生まれてきた。英語を話すのが苦手だなんて言っている場合ではなくなった。そして今、英語を使って旅の準備をし、英語で現地の人々と交流をし、こうして一人で帰りの飛行機を待っている自分がいる。

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:34| Comment(0) | 塚本 美紀

2009年09月14日

食のある景色:カンボジアでのスケッチ(2009年3月号)

絵を描くのは苦手である。子供のころから、満足に描けた試しがない。手先が不器用、かつ絵心がないとは、自分のことだと思っている。そんな私を、ホントに情けないと思うことがある。

旅にでて、知らない街で巡り会う景色が、心に触れると、これを残しておきたいと思うものである。この風景を瞼の裏に焼き付けて、忘れないようにしたいと願うこともある。そして、その景色が語るストリーのインパクトを、誰かに伝えたいと思うことだってある。

そんな時、絵が描ければと思う。

しかし、絵の描けない私は、かわりに、文章でその景色を残そうと思うのである。一度の旅行で、いろいろな風景や物語に出合った時は、特にそう思う。スケッチのように、文章を書きたいと思うのである。この2月のカンボジア行も、そんな私のスケッチ願望を、駆り立てる旅であった。

食いしん坊の私が残したいと思う景色は、食にまつわる場合が多い。美味そうな食べ物や、レストランの内外装。そして、そんな私のスケッチ願望を、後押ししてくれるのは、デジカメである。デジカメで撮った写真をながめて、うるおぼえのディテールを補強、修正しながら、スケッチのように軽々と、文章を書きたいと思うのである。

続きを読む
posted by e-dream-s at 22:57| Comment(0) | e-dream-s come true(井川 好二)

2009年09月13日

プノンペンに“サクラ・サク”(2009年2月号)

nakagawa090201.jpg
(トラベック・プレイ)


2月。暦の上で春になったとはいえ、まだ寒く、私が担任する中3の生徒達にとっては今は受験シーズン真っ只中。今週火曜日には私立高校の入学試験があるし、最終的に全員の卒業後の進路が決定するのは3月下旬、まだまだ“サクラ”は遠い。

昨年2月にカンボジアに行った時、首都プノンペンで(アンコール遺跡群のあるシェムリ・アップでは見かけなかった)、桜に似た薄ピンク色の花をつけた街路樹が目にとまった。満開のその花は桜よりも少し大きく、気温30度のカンボジアのスカイブルーの空によく映えた。ドライバーに名前を聞いたがよくわからず、帰国後名前を調べたら「トラベック・プレイ(Jungle Guava)の木」で、カンボジアではプノンペンの街路樹に使われているらしいことがわかった。今年も、咲いて、CamTESOL参加者を迎える準備をしてくれているだろうか?

続きを読む
posted by e-dream-s at 23:41| Comment(0) | 中川 房代

2009年09月12日

<サンフランシスコ便りO>オバマ大統領誕生(2009年2月号)

1月25日(日)。先週20日(火)にオバマ氏が大統領に就任し、その就任式は大変話題になりましたが、テレビのニュースではその就任の話題がまだ続いています。私は不勉強で、就任式を終えたら大統領の仕事が始まるくらいにしか思っていなかったのですが、ほぼ3日間就任のcelebrationがありました。新聞では18日の"We Are One" concert<注1>の模様が報じられ、テレビでは就任式のみならず、就任式後のランチョンや夜のパーテイの様子が放映されるなど、お祭り騒ぎでした。例年の就任イベントに加え、First LadyのMichelleさんのドレス(お嬢さんのドレスも)も関心の的。街では、オバマ氏のTシャツが売られ、先日あるお店で見た "Obama in Da House"というTシャツ<注2>はシャレていて、African-Americanである友人のPさんのお気に入りでした。 その他オバマグッズも、沢山作られ売られています<注3>。オバマ氏のお嬢さんの人形まで登場した<注4>というのは、ちょっとエスカレートしすぎ?!

続きを読む
posted by e-dream-s at 15:26| Comment(0) | 山田 昌子

2009年09月11日

たまには靴を履き替えて:二度目のCamTESOLカンファレンスツアー(2009年2月号)

去年の夏、表参道で元パリコレモデルに「美しい歩き方」を習った。「歩く場面を想定して、靴を履いてきてください。」と言うので、私はその秋の新作の、限りなく肌色に近いベージュのエナメルのハイヒールを履いて出かけた。デザイン性を重視したその靴は、足の指の付け根が少し見えるくらい浅く、そしてヒールは8センチ以上はある。そのため羽田空港を出る前から、足が痛くなってしまった。重い荷物を抱え、ふらふらした足取りで地下鉄の駅を目指して歩いていると、「こんな靴を履いていたのでは、私の行ける範囲は限られてしまう。行きたい場所にぐんぐん進んでいくことができない!」という考えが頭に浮かび、急に悲しくなってしまった。私が歩いていく道のりと、私の人生の道のりは、必ずしも同じものではないけれど、ハイヒールを履くことで、自分の人生が制限されてしまうような気持ちになってしまった。

教室では、元パリコレモデルが高くて細いヒールの黒い靴を履いて、美しい歩き方を見せてくれた。彼女の筋張った美しい足をさらに美しく見せるような、スクエアにカットされた華奢な靴。「そんな靴、ずっと履いてて平気ですか。」思わず私が尋ねると、「あら、ずっとなんて履かないわ。勝負靴は、会場に着く直前に履き替えるのよ。」と彼女は美しい微笑をゆっくり広げながら言った。


続きを読む
posted by e-dream-s at 22:10| Comment(2) | 塚本 美紀

Powerをこの手に:道具としてのPC考(2009年2月号)

igawa090201.jpg
「菱足鋏」筑前福岡<注1>)


コンピュータは身近な道具の一つ。毎日付き合っている。雨の日も風の日も、1日6時間以上、液晶画面を見つめ、キーボードに指を走らせながら暮らしている。機種は変わってもパソコンとは、これからも、ずっと長く付き合っていくことになるのだろう。

ワープロ・ソフトで教材や試験を作ったり、表計算ソフトを使って採点結果を集計したり、プレゼンテーション・ソフトで講義や学会での発表用資料を準備したり。コンピュータ抜きの人生は考えられない。今も眠い眼をこすりこすり、パソコンの液晶画面を見つめて、この原稿を書いている。

「センセ、今日のお鞄・・・」
「ごめん、えらい重たいやろ」
「お箸より重たいもん、お持ちにならへんセンセが・・・」
「パソコンや。肩こってしゃあない」
「お仕事どすか?」
「いや、修理してもろてたんを、取りにいってん。落とさんように、ちゃんと預かっといてや」
「へえ、センセの大事なお道具、しっかり番させてもらいます」

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:26| Comment(54) | e-dream-s come true(井川 好二)

2009年09月10日

<2009年メキシコ便り>メキシコでの異文化(2009年1月)

>冬休みを利用して、12月25日から1月5日まで、私は女性の友人2名(日本と韓国出身のサンフランシスコ州立大学の院生)とメキシコを訪れた。

yamada090101.jpg
(オアハカ(Oaxaca)の街にて)


メキシコシテイ(Mexico City)でメトロ(地下鉄)に乗っていると、突然大きなポピュラーミュージックが聞こえて来た。「凄い騒音、何事?」と辺りを見渡すと、CDプレイヤーを持った男性が、音楽CDを売り歩いている様子。一緒にいた友人と「いくらかな」とよ〜く聞いてみると14ペソ(US$1程)/個(安い!)。その音楽は"Stand by Me"だったり、ビートルズだったり、最近のヘビメタだったり。その他接着剤売りにもあった(5ペソ/個)。メトロではこんな物売りは珍しいことではないらしく、何人かの乗客が何食わぬ顔。接着剤を買う乗客もいた。これまで様々な国々を訪れたが、こんな体験は初めて。
続きを読む
posted by e-dream-s at 00:36| Comment(0) | 山田 昌子

2009年09月08日

トロバエク・プレイ、サク?(2009年1月)

senzaki090101.jpg
(トロバエク・プレイ の花。日本の桜に似ている 2008年2月撮影)


 CamTESOL2009まで2か月を切った。今年も参加させていただくことになり、勤務先への根回しやビザ取得など、少しずつ準備を始めているところである。肝腎の発表の準備の方はまだほとんど手が付いていないのが現状ではあるが・・・。

 今回のアクロスの冬合宿で、カンボジアから素敵なゲスト、Sokhom Leangさんが参加してくれた。他の先生方の原稿でも何度も取り上げられているので、彼女の紹介の必要はなかろうが、昨年のCamTESOL2008ツアーで、現地で最初に声をかけた人物であることは特に記しておきたい。プノンペンに到着し、バンで市内へ。すでにCamTESOL主催のSite Visitは始まっている。私たちは3つにグループを分けた。高等教育のサイトビジットに途中から合流する組、初等教育のサイトビジットに途中で合流する組、そして、いったんホテルにチェックインし、その後、サイトビジットに参加する組である。塚本先生と私は最後の組に入り、ヒマワリホテルに入った。荷物を置き、語学学校、ACEへ。まだ中川先生、道面先生が参加されている初等教育のグループは到着していない。待ち時間の間、塚本先生はそこにいた先生にProfessional Development Needsについてインタビューを始めた。その記念すべき第一号の方がソコムだったのだ。

続きを読む
posted by e-dream-s at 00:20| Comment(0) | 仙崎 裕右

2009年09月07日

残り福に考える日本の文化(2009年1月)

igawa090101.jpg
銹絵染付梅波文蓋物におせち<注1>


「まだ松の内どすよって」と女将が運んで来たのは、乾山風<注2>の鉢に盛られたおせち。行きつけの割烹、えべっさん<注3> 残り福<注4>の夜である。

「Oh、JAPANの正月」
「吹田の慈姑<注5>、丹波の黒豆、琵琶湖の諸子<注6>の昆布巻き、どす」
「こういうのが、美味そうに思えるんは、歳いった証拠」
「へえ、だいぶ大人になりはった」

「あれ、チョロギ<注7>がないなあ」
「センセ、チョロギお好きでしたん?すんません、ちょっと切らしてしもて」
「かめへん、かめへん。黒豆に付きもんやから、なかったら、ちょっと寂しいだけ」
続きを読む
posted by e-dream-s at 23:11| Comment(0) | e-dream-s come true(井川 好二)

My Experience in Japan(2009年1月)

I accidentally met Miki Tsukamoto and Dr. Koji Igawa at the Australian Centre for Education (ACE) during their site visit tour just before CamTESOL 2008. This chance meeting culminated in my first-ever overseas trip by myself to Japan in January 2009, to attend the 2009 ACROSS Winter Seminar.

This was a big turning point in my life to have such a great opportunity, which is dreamt of by my many other colleagues, to be able to exchange my learning and teaching English experiences in Cambodia with Japanese teachers of English from different parts of Japan.
続きを読む
posted by e-dream-s at 22:11| Comment(1) | Sokhom Leang

2009年09月06日

新しい私へ:CamTESOLカンファレンス・ツアー進捗状況報告(2009年1月)

一昨年から小笠原礼法の教室に通っている。立ち居振る舞いや日本の伝統的な行事や日常生活での作法を習う教室だ。きっかけは、行儀作法が習いたかったというよりも、着物を着る機会を増やして、着物を着ることに慣れたかったからだ。慣れないことをしようとすることは億劫だ。事前にいろいろな道具を揃えることを考えると、着物を着るのを躊躇してしまう。その上、「この紐はどうするんだっけ?」「あ、何か変。もう一回やり直し!」などとやっていると、やっと着終えた頃にはもうすっかり疲れ果ててしまう。そんな状況から抜け出すために、月に2回のお稽古に通うようにし、何とか以前の半分の時間で着物が着られるようになった。毎度のことなので、準備をするのも何のことはない。小さな変化ではあるが、着物を着るとなると前日からあたふたしていた以前の私とは違う私になった。続きを読む
posted by e-dream-s at 21:35| Comment(0) | 塚本 美紀

アジア・ツアー:名古屋スケッチ(2009年6月号)

igawa090601.jpg
名古屋とその周辺<注1>


新大阪から新幹線で東京へ行く時はいつも、京都を過ぎて、たぶん岐阜羽島<注2>あたりで眠ってしまい、気がついたら新横浜。その間の記憶がない。「のぞみ」の停まる駅がないか、停まらない駅が多い静岡県はともかく、東京・大阪間の要、名古屋は、東海道新幹線のどれに乗っても必ず停車しているはずなのだが、その駅の記憶がないのは、こっちの気の持ち様か。あるいは、2時間半の列車旅では、最初の1時間で、眠りに落ちるのが、疲れた現代人の習い性?
とにかく、列車で何回も通過しているはずなのに、名古屋には、馴染みがない。名古屋出身の知り合いもいないのである。
続きを読む
posted by e-dream-s at 09:31| Comment(0) | e-dream-s come true(井川 好二)